SEO施策の色々

Googleのアルゴリズムの変化に伴い、SEOの施策の方法論も移り変わってきました。ここでは代表的なSEOの施策のパターンをご紹介します。

オフページ施策

かつては信頼性の高いサイトからのリンクや、被リンクの数が多ければ価値のあるサイトであると評価されていたために外部サイトからのリンクはSEOの重要な要因でした。一方で、被リンクを増やすためだけにサイトが生み出されたり、リンクを買うということも横行したため、現在では被リンクの評価は下げられ、場合によってはペナルティの対象となっています。しかしながら、オンページではなかなか自由度が高くコンテンツを発信できない場合などは、外部ページを通した施策も行われています。公認かわかりませんが、 Naverまとめも一種の手法として使われています。

ブログ

サイトの情報量が多い方が価値の高いサイトであると判断される傾向にありますので、サイトにコンテンツのボリュームがあることは重要な要因です。ブログをサイトに追加することによる主な効果は、ブランドキーワード(ブランド名や商品名)だけしか含んでいなかったサイトに、その周縁的なコンテンツを追加することで、新しいキーワードでの流入を生み出していくことです。例えば、化粧品ブランドのサイトのブログで紹介される美肌のための食事メニューなどは、ファンのサイトへの滞在時間を増やすとともに、新規の流入を取り込むという意図でよく使用されます。この他にも、サイトの更新頻度も評価に影響するので、定期的にブログを通して新鮮な情報が公開されることも大きな意味を持ちます。