SEOの歴史ーディレクトリ型とロボット型

1990年ごろに検索サイトは誕生しました。現在では、ロボット型、つまりクローラーと呼ばれる小さなプログラムがインターネット上を走り回り、自動でインデックス化し、検索キーワードにあったサイトを検索結果に表示するという方式がメジャーになっていますが、かつてはディレクトリ型と呼ばれる別の方式も存在していました。

ディレクトリ型検索サイト

2000年代にはまだディレクトリ型の検索サイトは存在していました。Yahoo!のかつてのトップページには、様々なカテゴリへのリンクが貼られ、そのページに関連性のあるサイトのリンクが貼られているという方式をとっていました。しかしながら、この方式は爆発的に増えていくインターネット上のサイトを人力で登録をしていくという手法をとっていたため、情報更新のスピードについていく事ができず、ロボット型の検索エンジンにとって変わられることとなりました。

ロボット型検索エンジン

現在では前述のロボット型検索エンジンが完全な主流となっています。2011年からは、かつては独自の検索システムを使用していたYahoo!がGoogleのエンジンを使用することになったため、両者の検索アルゴリズムは同じものになりました。依然としてYahoo!はYahoo!メールやニュース等に根強いユーザーがあるため、SEMの出稿先は常に両方が選択されるという状況が続いています。

ロボット型に集約された検索エンジンの方式ですが、それ以降も頻繁にアルゴリズムの変更が行われています。それとともに、なんとか検索結果を上位表示しようとするSEO業者との間でいたちごっこが繰り広げられています。