ブラックハットとホワイトハット

ブラックハットとホワイトハットと聞いて何を思い浮かべますか?

こちらのまとめに詳しいように、この2つの言葉はSEOの手法のことを指しています。

ブラックハットというのが、Googleのガイドラインに抵触し、ペナルティの対象となりうる推奨されないSEOの手法です。かつてはホワイトハット、あるいはグレーであったものもブラックハットとなっているパターンもあるので、「かつては推奨されていた」ということも出来るかもしれません。一方のホワイトハットは、Googleの方針に準拠した施策ということになります。

Content is King

GoogleやSEOを抜きにしても、情報を発信していく上での大原則となるのがContent is King(コンテンツが王様)であるということです。これはつまり、人が求める情報をわかりやすい形で提供することこそが最重要かつ、SEOにおいても求められることだということを意味しています。SEO的な細かい施策をするよりも、サイト自体のわかりやすさやコンテンツの編集方針を整えていくことが結果的に最良のSEO施策となります。

パンダ?ペンギン?

決して動物園の話をしているわけではありません。このパンダやペンギンというのは、かつてGoogleで行われたアルゴリズムのアップデートの呼称です。パンダアップデートは、情報の薄いサイトの検索順位を下げるために行われたもので、一方のペンギンアップデートというのはコンテンツを流用したスパムサイトの順位を下げるために行われました。

パンダもペンギンも白黒の動物なのはお気づきですね?そう、白黒つけたんです。